素直な45歳

製作した曲が映画に採用された恋人のデイヴとともに
イギリスからニューヨークへやってきたシンガーソングライターのグレタだったが、
デイヴの浮気により彼と別れて、友人のスティーヴを頼る。
スティーブは失意のグレタを励まそうとライブバーに連れていき、
彼女を無理やりステージに上げる。グレタが歌っていたところ、
偶然その場に居合わせた落ち目の音楽プロデューサー・ダンの目に留まる。
ダンはグレタに一緒にアルバムを作ろうと持ち掛ける。
(wikiより)

っていうあらすじの「はじまりのうた」っていう映画がある。

この恋人のデイヴってのが映画の中ではやな奴なんだけど歌がめちゃくちゃ上手くて、
「やな奴なんだけど、この歌がまた聞きたい…」
と思ってサントラを借りて聞いていた。

同じ歌をヒロインのキーラナイトレイも歌ってて、
聞き比べてもデイヴの方が圧倒的にまた聞きたくなる。

いったい誰なんだろ、と思いながらも調べるのがめんどくさくて
同じサントラを毎日聞いていたら、ある時ユウマが
「これってマルーン5?」
とか聞いてきた。

「まる?」
「マルーン5」
「知らない」
「この声、マルーン5のボーカルと同じ気がするなあ」
「わかんない。ただ、映画見ていいなあと思って借りただけだから」
「ちょっと調べてみて」
「うん」
という流れで調べてみると。

デイヴはマルーン5のアダムレヴィーンという人だった。

「お前すげえな」
「だろ。声でわかったわ」

で、そこからマルーン5を借り。
いまだに毎日アダムレヴィーンの歌声を聞いている。

「いいわ。マルーン5」
「俺のおかげだろ」
「はい」

今日もアダムの歌声のおかげで素直な45歳であった。

[PR]

by hainen | 2017-11-28 21:47