12歳の分岐点

今日は今年最後のお茶だった。
でもってそれが終わってその足でユウマのサッカーの区大会決勝戦へ。

結果は準優勝だった。

サッカーといえば。
ユウマのセレクションは4つのうち1つから内定を貰い、
もう一つが最終選考待ちという状態で、その内定を貰ったチームというのが
「失敗してもいいからのびのびやってください」
とか言われたチームで、なにかそのチームの監督から高く評価されているらしく
最後の試験を受けずに合格をもらえる事ができた。

なので、ユウマはもうそのチームに行く気でいる。

空手は空手で大会やらに良く参加する親がなんとなく集まって(というか毎回顔を合わすので)
仲良くなっていて、なおかつ子供同士も互いに技を磨きあっているという按配で、
ユウマはちょうどその集団の真ん中らへんに存在していて、
先輩から鍛えられ後輩を鍛えてみたいな感じになっている。

でもって、この間の全日本大会の際に挨拶に行った四国の支部長から
「いつでも出稽古に来なさい」
とか言ってもらえたらしく、それはそれで内なる闘志に火が付いたらしい。

そんな状況の中、
サッカーと空手がそれぞれに楽しいのはいいんだけど、上を目指すなら二つやる時間は無い。
という悩みを抱えているのが今の状況。

おまけに頭の方がいまひとつアレなので(涙)
「中学に入って塾に行かないという選択肢は無い!」
とか嫁に断言されているので、一週間が7日じゃ足りないわけだが(苦笑)

それにしてもさ。

おれが小6の頃って、
「休みの日はぼおっとAMラジオ聞きながらプラモデルを作る」
のが楽しみな子供だったんだけど(謎)

この違いは何なんだ(涙)

by hainen | 2012-12-01 21:11 | 日記